初めてのリグ

仮想通貨を発掘するためのパソコン「マイニングリグ」を稼働させるまでの全記録

3-2、Windows10チューニング編「Windows Updateの自動更新を停止する」

ライセンス認証を確認したら、Windows Updateの自動更新を停止する。

マイニングは24時間稼働しっぱなしになる。Windows Updateの自動更新によってPCが再起動してしまうと、そこでマイニングが停止してしまう。マイニング効率を低下させないために、このチューニングを行う。


設定のポイント

  • Windows Updateを手動で実行して「最新の状態」にしてから自動更新を停止する
  • 手動更新が一度で済むとは限らないので多少の時間が必要

Windows Updateを手動で実行

設定画面を開く

左下のボタンでスタート画面を表示して、歯車のようなボタンをクリックする。
f:id:notei:20180618201538j:plain

「更新とセキュリティ」を開く

設定画面が開いたら、「更新とセキュリティ」の項目を選択する。
f:id:notei:20180618202851j:plain

「Windows Update」を選択して「更新プログラムのチェック」を行う

「更新とセキュリティ」画面が開いたら、左のメニューから「Windows Update」を選択する。

右側のWindows Updateにある「更新プログラムのチェック」をクリックする。
f:id:notei:20180620183157j:plain

「更新プログラム」が存在するとインストールが始まる。

インストールが完了して再起動を求められたら、「今すぐ再起動する」をクリックする。
f:id:notei:20180620183847j:plain

PCを再起動したら、ふたたび「更新プログラムのチェック」を行う。

「更新プログラム」がなくなるまで繰り返す

「更新プログラム」が無くなるまで、この作業を繰り返す。

Windows Updateの自動更新を停止

「サービス管理ツール」を開く

画面下のタスクバー上で右クリックする。

メニューが表示されたら、「タスクマネージャー」を選択する。
f:id:notei:20180620190616j:plain

「タスクマネージャー」が表示されたら、左下の「詳細」をクリックする。
f:id:notei:20180620190845j:plain

「タスクマネージャー」の詳細画面に切り替わったら、「サービス」タブを選択し、「サービス管理ツールを開く」をクリックする。
f:id:notei:20180620191243j:plain

「Windows Update」のプロパティを開く

サービス画面が表示されたら、リストの「Windows Update」をダブルクリックしてプロパティを開く。
f:id:notei:20180620191757j:plain

プロパティを変更して自動更新を停止する

プロパティ画面が表示されたら、 スタートアップの種類を「無効」に変更する。

さらに「停止」ボタンをクリックして、サービスの状態を「実行中」から「停止」に変更する。
f:id:notei:20180620192201j:plain

右下の「適用」ボタンをクリックして、変更した設定を反映させる。

反映させたら「OK」ボタンをクリックして、プロパティ画面を閉じる。

PCを再起動する。

設定が反映されたか確認

「更新プログラムのチェック」でエラーになるか確認する

PCを再起動したら、 Windows Updateの「更新プログラムのチェック」を行う。

「エラーが発生しました」というメッセージが表示されたら、自動更新(Windows Updateのサービス)は停止していることになる。
f:id:notei:20180620192805j:plain

確認できたら、次は「Windows Defender」の設定を行う。