初めてのリグ

仮想通貨を発掘するためのパソコン「マイニングリグ」を稼働させるまでの全記録

2-3、リグ組み立て編「電源ユニットを取り付ける」

CPUとメモリを取りつけたら、マザーボード(H110 Pro BTC+)に電源ユニット(Corsair HX1000i )を取り付ける。


組み立てのポイント

  • ケーブルの種類がたくさんあるので、間違えないよう注意
  • リグフレームに設置することを考えて、ケーブル同士が絡まないよう配線する

電源ユニットの準備

箱から取り出す

各種ケーブルや備品が揃っているか確認する。
f:id:notei:20180604152626j:plain

ケーブル差し込み口を確認する

今回の電源ユニット(Corsair HX1000i )には、以下の差し込み口が存在する。

  • 6pin(ペリフェラル&SATA用)が、6個
  • 8pin(PCIe&CPU用)が、6個
  • 24pin(ATX電源用)が、1個

f:id:notei:20180604155010j:plain

マザーボードの電源の確保

24pinのATX電源用ケーブルを接続する

両方とも24pinあるケーブルを用意する。

24pinのコネクタはマザーボードに接続し、14pinと10pinで分岐しているコネクタは電源ユニットの「24pin(ATX電源用)」に接続する。
f:id:notei:20180604160601j:plain

ケーブルを接続すると、このようになる。
f:id:notei:20180604160743j:plain

CPUの電源の確保

8pinのCPU用ケーブルを接続する

「CPU」と「Type3」の印字があるケーブルを用意する。
f:id:notei:20180604171014j:plain

「Type3」の印字があるコネクタは、電源ユニットの「8pin(PCIe&CPU用)」に接続する。
f:id:notei:20180604163241j:plain

「CPU」の印字があるコネクタは、マザーボードに接続する。

差し込み口は、CPUを取り付けた場所の左上辺りにある。
f:id:notei:20180604163528j:plain

マザーボード(H110 Pro BTC+)は、さらにビデオカード用の補助電源も確保する必要がある。

ビデオカード用の補助電源の確保

4pinのペリフェラルゲーブルを接続する

4pinのペリフェラルが4個付いているケーブルを用意する。
f:id:notei:20180604171229j:plain

「Type3」の印字がある6pinのコネクタは、電源ユニットの「6pin(ペリフェラル&SATA用)」に接続する。
f:id:notei:20180604164700j:plain

4pinのペリフェラルは、マザーボードに接続する。

差し込み口は、画像にある2箇所なので、タコ足で繋いで構わない。
f:id:notei:20180604165215j:plain

最後の確認

これで、電源ユニットの取り付けは完了。
f:id:notei:20180604165851j:plain

この時点での電源ユニット使用状況。
f:id:notei:20180604170208j:plain

次は、リグフレームにマザーボードと電源ユニットを設置する。