初めてのリグ

仮想通貨を発掘するためのパソコン「マイニングリグ」を稼働させるまでの全記録

2-2、リグ組み立て編「CPUとメモリを取り付ける」

リグフレームを組み立てたら、CPUとメモリをマザーボード(H110 Pro BTC+)に取り付ける。


組み立てのポイント

  • 取り付けに多少の力が必要になるので、パーツを破損しないよう注意
  • CPUとメモリの取り付ける向きに注意

マザーボード・CPU・メモリの準備

箱から取り出す

「CPUグリス」が用意してあるなら、それも準備する。
f:id:notei:20180530162031j:plain

CPUの取り付け

CPUカバーのロックを外す

マザーボードの矢印のバーを押し込みながら、右にスライドして、ロックを外す。
f:id:notei:20180604120150j:plain

ロックを外すと、次のような状態になる。
f:id:notei:20180604121631j:plain

CPUを取り付ける

CPUに2箇所の凹みがあることを確認する。
f:id:notei:20180604122650j:plain

CPUとスロットの凹凸を合わせて取り付ける。
f:id:notei:20180604122656j:plain

CPUを固定する

CPUカバーのロックを外したバーを元に戻して、CPUを固定する。

このときバーを元に戻すと、カバーに付いていた黒の保護パーツが自然と外れる。
f:id:notei:20180604123234j:plain

CPU用グリスを塗る

CPUグリスがあるなら、米粒ほどの大きさでCPU上に塗る。
f:id:notei:20180604123548j:plain

CPUクーラーの取り付け

4箇所の穴を確認する

CPUを取り付けたマザーボードに、4箇所の穴があることを確認する。
f:id:notei:20180604124505j:plain

CPUクーラーを固定する

CPUクーラーに付いているプッシュピンを、4箇所の穴に合わせて乗せる。

乗せたら、4つのプッシュピンを押し込んでマザーボードに固定する。

このとき、最初押し込んだ場所の対角線上のプッシュピンを次に押し込む。
f:id:notei:20180604125242j:plain

マザーボードの裏側を見て、きちんと押し込まれているか確認する。
f:id:notei:20180604125734j:plain

プッシュピンをロックする

4つのプッシュピンを、矢印の方向に90度回転させてロックする。
f:id:notei:20180604131540j:plain

CPUクーラー用電源の取り付け

電源の場所を確認する

CPUの右上あたりに、「CPU FAN1」と書かれた4つピンがある場所を確認する。
f:id:notei:20180604132313j:plain

電源を差し込む

CPUクーラーに付いている電源ケーブルを、凹凸に合わせて差し込む。

このとき、電源のケーブルがCPUクーラーのファンに触れないよう注意する。
f:id:notei:20180604132627j:plain

これでCPUの取り付けは完了。次はメモリを取り付ける。

メモリの取り付け

ロックを解除する

メモリ用スロットの脇にあるロックを開いて解除する。

今回は片側のみだが、マザーボードによっては両方を開く必要がある。
f:id:notei:20180604133603j:plain

メモリを差し込む

メモリとスロットの凹凸を合わせて差し込む。
f:id:notei:20180604134112j:plain

きちんと差し込むと、自然とロックされる。
f:id:notei:20180604134342j:plain

最後の確認

これで、CPUとメモリの取り付けは完了。
f:id:notei:20180604134500j:plain

次は、電源ユニットを取り付ける。