初めてのリグ

仮想通貨を発掘するためのパソコン「マイニングリグ」を稼働させるまでの全記録

3-3、Windows10チューニング編「Windows Defenderを無効にする」

Windows Updateの自動更新を停止したら、Windows Defender(OS付属のウイルス対策ソフト)の機能を無効にする。

リグはマイニングだけを行う。特定のサイト(NiceHash等)のみを閲覧し、ツールもマイニング用途以外のものをインストールしない。加えてマイニングをする際、Windows Defenderによってその機能をブロックされてしまう可能性もあるので、このチューニングを行う。


設定のポイント

  • 念のため一度スキャンしてから機能を無効にする

Windows Defenderでスキャン

「Windows Defender セキュリティ センター」を開く

設定画面から 「更新とセキュリティ」を開き、左のメニューから「Windows セキュリティ」を選択する。

右側のWindows セキュリティにある「Windows Defender セキュリティ センターを開きます」をクリックする。
f:id:notei:20180620214909j:plain

「セキュリティの概要」画面が表示されたら、「ウイルスと脅威の防止」の盾のマークをクリックする。
f:id:notei:20180621224145j:plain

「今すぐスキャン」を実行する

画面が切り替わったら、「今すぐスキャン」をクリックする。
f:id:notei:20180620215741j:plain

Windows Defenderの無効化

「ウイルスと脅威の防止の設定」を開く

スキャンして問題がなかったら、「ウイルスと脅威の防止の設定」をクリックする。
f:id:notei:20180620220137j:plain

「リアルタイム保護」と「クラウド提供の保護」をオフにする

画面が切り替わったら、「リアルタイム保護」と「クラウド提供の保護」のスイッチをクリックして、「オフ」にする。
f:id:notei:20180620220711j:plain

「Windows Defender セキュリティ センター」に戻って無効になったか確認する

左上のホームボタンをクリックして、「セキュリティの概要」画面に戻る。

「ウイルスと脅威の防止」の項目で、アイコンに赤の×印が付き、「リアルタイム保護がオフになっており……」というメッセージが表示されていれば、Windows Defenderの機能は無効になっている。
f:id:notei:20180620222241j:plain

確認できたら、次は「Windows10の高速化・最適化」を行う。